誰でも指揮者になれる


変拍子は指揮者として練習しよう

みなさんは変拍子が曲中に出てくるとどんなリアクションを取っていますか、私はむかしはとってもびくっとしてパニックになってしまうことが多かったんです。今はずいぶんと慣れてストレスフルではあるけれど、計画的に練習し、以前よりずっと楽しくとりくめるようになりました。
今日は私がわたし自身でも生徒にもすすめている方法をご紹介します。

続きを読む →


変拍子は怖くない


インディジョーンズ、失われたアーク。

これは代表的なアメリカ映画なんだけれどみなさんご覧になったことありますか、主演は若い時代のハリソンフォードです。音楽はスターウオーズも書いている
ジョンウイリアムズです。ノックスヴィル交響楽団とともに映画鑑賞会に出演しました。

ステージはこんなかんじ。

私の仕事はシンセサイザー。一つの映画中になんども音が変わります。例えば
パイプオルガン、女性コーラス、電子ピアノ、ざわざわとした風の音、など。こういういろいろな音源がシンセサイザー一台の中に入っていて楽譜の指示に沿ってコンピューターのボタンをクリックして、それぞれの楽器の音に変換して演奏するわけです。

これまでにハリーポッターを含め何度か映画音楽演奏の仕事はしたことがあるのですが、やっぱり普段使い慣れていない環境なので、ちょっと緊張します。見るのが指揮者、楽譜、そしてコンピューターのスクリーンとふえるわけです。でも一人で目立つ音の時、例えばオルガンなどは結構快感なんですよ~

今日シェアをしたいことは、このインディアナジョーンズの中にもたくさんある、変拍子について。日本での勉強中はほとんど出会わなかったものですが近代音楽を弾くようになって、変拍子にもずいぶんとなれてきました。ソロではなくて、特に伴奏したり室内楽を演奏する場合、ピアニストの目と脳、ってものすごく速いスピードで、見て判断しています。楽譜から得る情報をシンプルにしておくことはとっても大切です。アメリカのミュージシャンはほとんどみんなやっていることなのですが、拍子をサインで表す方法を紹介します。


3拍子は三角、4拍子はプラスサイン、5拍子は2プラス3でこんな感じで表すと瞬時に頭にはいってきやすいですよ、数字で読むより伝達がずっとスムーズです。ぜひおためしあれ。

次回はもっと変拍子を簡単に弾く練習の仕方についてお話しします。お楽しみに~

 
 

子犬のワルツ 美しく軽やかに弾くために


先日 テネシー州にあるカールソンニューマン大学に招かれて公開レッスンをおこなってきました。ショパンの子犬のワルツをもっと美しく軽やかに弾きたいという希望をもっている生徒さんでした。提案させてもらったポイントは二つです。

続きを読む →


大学新聞のインタビュー


フィラデルフィア聖ヨセフ大学の大学新聞、Hawkにわたしのインタビューが載りました。わたしのこれまでのキャリア、生徒へのメッセージ、他に私の生徒からの一言コーナーもあります。インタビューで自分のことを話すということは、自分自身のことを振り返ったり、考えをはっきりまとめたりして、新しい発見もありました。英語ですがこちらです

日本は桜が超満開の季節。うらやましいです。


誰でもすぐになめらかにピアノが弾ける秘訣


白鍵と黒鍵を階段を登り降りするように移動しよう。

ピアノの鍵盤をゆっくり観察したことはありますか。

もちろんありますよね。ただ黒鍵は白鍵よりも体から遠い場所にあります。ほんの数センチと思うかもしれないけれど実はこれを考えに入れるかどうかで、音から音への繋がりが全く違ってきます。さてそこで、滑らかにひく秘密とは。

続きを読む →